スポーツ外傷でお悩みの方へ

  スポーツ外傷でよくあるお悩み

  • 衝突して
    打撲ができた

  • 転んで
    足を捻った

  • 走っていて
    肉離れを起こした

  • 骨折を
    早く改善
    させたい

スポーツや日常のケガは正しい対処をしましょう

スポーツをしていると、
ケガをしてしまうような場面は多いものです。

どんなに気を付けていてもケガを防ぐことは難しいですし、
スポーツに限らず日常生活においてもケガする可能性はあります。

 

打撲や捻挫などは、日常的に発生する機会が多く
軽視して放置しまうことが多いケガです。

しかし、放置してしまうことで、回復に時間がかかってしまったり、
患部がくぼんでしまうこともあります。

スポーツ外傷
改善メニュー Recommend Menu

スポーツ外傷とは?

スポーツをしていると、予期せぬケガをしてしまうことがあります。

日常生活でも同様に、不注意でケガをしてしまうことはあるでしょう。


スポーツ外傷とはどういったケガのことを指し、どんなことが原因で起こるのでしょうか。

 

【スポーツ外傷とは】

 

スポーツ外傷とは、外部から急激な強い力が加わることで起こる損傷です。
つまり、スポーツ中に人とぶつかったり、転んだりすることで起こるケガのことをいいます。
具体的な損傷名としては、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などが挙げられます。

 

●骨折

骨折は、その名前の通り骨が損傷してしまった状態を指します。
骨折は骨の損傷状態によっていくつかの種類に分類されています。

完全に骨が折れている状態を「完全骨折」といい、骨にひびが入った状態を「不全骨折」といいます。
また、スポーツなどで繰り返し力が加わって小さなひびが徐々に入っていく骨折「疲労骨折」といいます。

 

●脱臼

脱臼とは、骨と骨とつないでいる関節が正常な位置から外れてしまった状態です。
関節の損傷なので、肩や指といった関節部分に生じます。
脱臼は完全に骨が離れた状態ですが、部分的に骨がずれている状態の場合「亜脱臼」と呼ばれます。

 

●捻挫

捻挫は不自然な強い力が加わることで、靭帯が損傷してしまう状態を指します。
損傷状態によって1~3度に分類されます。
1度(軽傷)は靭帯の一部が切れた状態で、2度(中等症)は靭帯が部分断裂を起こしている状態です。
3度(重症)になると完全に靭帯が断裂している状態で、回復にも時間を要します。

 

●打撲

身体の一部がどこかにぶつかった時に起こる損傷です。
皮膚や皮下組織が損傷を受けるため、炎症や内出血を起こします。

 

●挫傷

挫傷は肉離れのことを指します。
急激な筋肉の収縮により、筋肉の一部が断裂してしまっている状態です。

 

【よくあるスポーツ外傷の原因例】

 

スポーツ外傷は、さまざまなスポーツにおいて起こり得るケガです。

とくに選手同士の接触が多いサッカーやバスケットボール、ラグビーなどでは骨折や打撲をしてしまう機会が多い傾向があります。

陸上競技やバレーボールなどジャンプやターンをすることが多い競技では、転倒によって捻挫などを引き起こすことが多いです。

子どものスポーツの場合は、身体の作りが完成していないため自身の転倒などによる肉離れや捻挫などが多い傾向があります。

 

スポーツにおいては次のような例が挙げられます。

・相手選手と衝突して骨折した
・ダッシュしようとして肉離れを起こした
・ターンしようとして足を捻った

 

また、スポーツ外傷はスポーツ選手にだけ起こるものではありません。
次のような日常のシーンでもスポーツ外傷は起こる可能性があります。

・不注意でつまずいて足を捻った
・家具にぶつけて打撲ができた
・交通事故に遭って捻挫した

スポーツ外傷の応急処置と対処法

スポーツ外傷は、受傷直後には痛みがない場合もあります。
また、腫れがないから大丈夫だと考えて放っておいてしまうケースも多いです。
しかし、時間が経つと痛みや腫れが出てくる場合もあれば、放っておくことで悪化してしまう可能性もあります。

 

【受傷した時の対処法】

 

受傷した時すぐに応急処置をすることで、症状を緩和したり早期改善が期待されます。
自身では軽傷だと思っても、小さなケガでも処置することをおすすめします。
応急処置の基本は、「RICE処置」と呼ばれる方法です。

 

R(Rest):安静にする

受傷部位を動かさないようにして安静にします。無理に動かしてしまうと悪化する恐れがあります。

 

I(Ice):冷却する

患部と患部周辺を冷やします。
冷やすことで炎症が抑制されて腫れや痛みを抑制効果が期待できます。
一般的にはアイスパックや保冷剤を使って冷やしますが、冷やしすぎると凍傷を起こす可能性があるのでタオル越しに冷やすようにしましょう。

 

C(Compression):圧迫する

患部をテーピングや包帯で圧迫します。
圧迫することで内出血を抑制します。
ただし、きつく圧迫すると血流障害を起こすので、適度に圧迫するようにします。

 

E(Elevation):拳上する

患部を心臓より高い位置に挙げます。
これによって血液が心臓に向かって流れるので、腫れや内出血を抑制効果が期待できます。

 

【日常でできる予防方法】

 

スポーツ外傷は予想外に起こるものなので、予防は難しいと考えるかもしれません。
しかし、スポーツや運動をする前にしっかりとストレッチや準備運動を行うことでスポーツ外傷の予防につながります。
スポーツ外傷は、突然の動きに筋肉や靭帯といった身体の組織がついていけないことにより生じます。
そのため、しっかりとストレッチで筋肉などの柔軟性を高めておきましょう。

はなみずき鍼灸整骨院【スポーツ外傷】に対するアプローチ方法

近年、健康ブームでジョギングなど日常的にスポーツをすることが多くなっていて素晴らしい事ですが、その分、ケガが増えている傾向があります。

普段、運動をしない方が運動をして痛くなるのはよくあることですが、よく運動をしているのに毎回、同じ場所が痛くなったり、筋肉の疲労が蓄積して肉離れになるといったケガをスポーツ外傷とよびます。


しかし、運動量が多いと必ずしも全員が痛みがでる訳ではないですよね。
もし同じ運動量で痛みがでるのであればプロやプロを目指す方はみんなケガをしています。

なぜ痛みがでるのかというと「カラダの使い方」が悪いためです。
その競技競技で特性があり、ケガをしにくいカラダの使い方を知り、修正していく、そして定期的なメンテナンスを行うことがケガの予防につながります。

当院では筋肉へのアプローチ関節の動きの修正を行い、何故そこに負荷がかかるのかを見極め施術を行います。

また筋肉を緩めるとカラダの使い方に変化がおき、一時的にパフォーマンスが落ちることもありますので試合前などはしっかりカラダを慣らしてください。

著者 Writer

著者画像
院長:蔵方 三喜(クラカタ ミツヨシ)
生年月日:11月23日生まれ 
星座:いて座 
血液型:AB型 
出身:東京都大田区
趣味:サッカー観戦、子供と遊ぶこと 

ご利用者様へ 
皆様の未来を見据えた「健康」と「美」を創り出すクリエイターになれるよう日々、研磨してまいりますのでよろしくお願いいたします。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:はなみずき鍼灸整骨院
住所〒145-0065 東京都大田区東雪谷3-28-3
最寄:東急池上線「石川台駅」徒歩7分 希望ヶ丘商店街沿い
駐車場:当院は駐車場はございませんので店頭向かいのコインパーキングをご利用ください。
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
9:00〜
16:00
15:00〜
20:00
定休日:日曜・祝日(営業の場合あり)

【公式】はなみずき鍼灸整骨院 公式SNSアカウント はなみずき鍼灸整骨院ではFacebook・Instagramを運用中!

【公式】はなみずき鍼灸整骨院 公式SNSアカウント はなみずき鍼灸整骨院ではFacebook・Instagramを運用中!

【公式】はなみずき鍼灸整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています!
  • 受付時間変更などのご案内をしています!
  • キャンペーン情報などをいち早くお知らせしています!