頭痛でお悩みの方へ

  頭痛でよくあるお悩み

  • 原因不明の
    頭痛が起こる

  • 頭が
    ズキズキと
    痛む

  • 頭痛薬が
    手放せない

  • 天気が悪いと
    頭痛が
    起こりやすい

「頭痛タイプ」に合った対応をすることが大切です

風邪などの病気ではないのに頭痛が起こる、という症状は誰にでも起こり得ることです。


慢性的な頭痛に悩んでいる方は多く、頭痛が起こるタイミングは人それぞれ異なります。

つらい頭痛に悩んでいて、頭痛薬が手放せないというような方もいるかもしれません。

 

しかし、薬にばかり頼っていると薬がどんどん効きにくくなってしまうこともあります。
慢性的な頭痛を改善するためには、自身の「頭痛タイプ」に合った対応・対処をすることが大切です。

頭痛
改善メニュー Recommend Menu

慢性頭痛の3つのタイプについて

日常的に繰り返し感じる頭痛を「慢性頭痛」と呼びます。
慢性的に頭痛に悩む日本人は多く、私たちにとって「頭痛」は身近な症状です。


慢性頭痛はタイプによって症状や原因などが異なるため、自身の頭痛タイプを知ることで自身でも対処できます。

 

【慢性頭痛のタイプと特徴】

 

慢性頭痛は大きく「片頭痛」「緊張性頭痛」「群発頭痛」の3つのタイプに分けることができます。
慢性頭痛を改善するためには、まず自分自身の頭痛タイプを知ることから始めましょう。

 

【片頭痛】

 

●症状

ズキズキと脈打つような痛みがあり、身体を動かすことで痛みが強くなる傾向があります。
主にこめかみ周辺に痛みを感じ、両側よりも片側に発症することが多いです。

 

●特徴

片頭痛が発生すると、音や光に敏感になる傾向があります。
働き盛りの年代の女性に起こりやすいといわれており、月に一度や週に数回などの頻度で発症することが多いです。

 

●原因

原因は不明ですが、頭蓋骨内の血管が広がることで発症するとされています。
ストレスや疲労、女性ホルモンが関係して血管が広がり、炎症を起こして痛みを引き起こしていると考えられています。

 

【緊張性頭痛】

 

●症状

首の後ろから頭全体が締め付けられているような痛みを感じます。
頭痛以外にも、肩や首の痛みや倦怠感、めまいなどを伴うこともあります。

 

●特徴

慢性頭痛の中でも最も多いタイプだといわれており、子どもから大人まで幅広い年齢層に発症します。
ときどき発症することもあれば、毎日のように頭痛が続くこともあります。

 

●原因

日常の姿勢の悪さ、デスクワークやスマホ操作などにより首の骨がゆがみ、ストレスなどで筋肉が収縮していまうことが原因だといわれています。
首や頭の筋肉が緊張によって収縮してしまうと血流が悪くなり、老廃物がたまることで神経が圧迫されて痛みを伴います。

 

【群頭痛】

 

●症状

目の奥に激しい痛みを覚える頭痛です。
片側の頭に痛みが生じ、痛みのある方の目が充血することもあります。

 

●特徴

働き盛りの男性に発症することが多く、症状は1年に1・2回程度の周期で起こる傾向があります。
明け方くらいに発症することが多く、数時間経つと症状がなくなるというサイクルが1ヵ月ほど続きます。

 

●原因

原因は明確にされていませんが、目の後ろにある太い血管が拡張されることが原因と考えられます。

つらい頭痛を緩和するためにできること

慢性頭痛はいつ発症するかも分からなく、症状がひどくなると生活に支障をきたします。
症状が起こった時に少しで
も緩和できるように対象法を知っておきましょう。

また、日常的に慢性頭痛を引き起こさないように予防方法も取り入れていきましょう。

 

【頭痛タイプ別の対処法】

 

頭痛の症状が現れた時にできる対処法は、頭痛タイプごとに異なります。
頭痛タイプにあった対処法で、症状の緩和を試みてみましょう。

 

●片頭痛

 

・静かな部屋で安静にする

片頭痛が起こると光や音に敏感になるので、できるだけ静かで暗い部屋で休むようにしましょう。
動くと痛みが強くなるので、なるべく安静にしていると落ち着いてきます。

 

・こめかみを冷やす

痛みのある部分をアイスパックなどで冷やすことで炎症を抑制すると、痛みの緩和が期待されます。

 

●緊張性頭痛

 

・首や肩を温める

首や肩が緊張して血行が悪くなっていることが考えられるため、温めることで血行が促進されて筋肉がほぐれ痛みの緩和につながります。

 

・ストレッチする

筋肉をほぐすために首や肩を動かすストレッチをして、緊張をほぐします。

 

●群発頭痛

 

・飲酒、入浴を避ける

症状が出る時期には、飲酒や入浴など血管が広がるようなことを避けましょう。
飲酒や入浴することで血管が広がれば、痛みが悪化する恐れがあります。

 

【日常でできる慢性頭痛の予防方法】

 

頭痛の症状が現れてから対処することで痛みは緩和できるかもしれませんが、できれば症状が出ないように日常的に心掛けたいものです。
自身でできる予防方法を日常的に取り入れて、頭痛を発症させないようにしましょう。

 

●ストレスをためこまない

ストレスは緊張型頭痛も片頭痛も引き起こすカギになります。
現代では仕事や人間関係などさまざまなことでストレスをためこむ方が多いですが、ストレスは血管や神経に影響を与え頭痛にもつながります。
運動などでストレスを発散し、疲れはためこまないようにしましょう。

 

●姿勢を正す

姿勢の悪さや同じ姿勢を長時間続けることは、筋肉を緊張させて血流を悪くしてしまいます。
そうすると、緊張型頭痛がいつ発症してもおかしくありません。
日常的に姿勢を正し、同じ姿勢が続く時には休憩やストレッチを挟むなど工夫してみてください。

はなみずき鍼灸整骨院【頭痛】に対するアプローチ方法

頭痛には鍼灸・整体がとても効果的です。
特に緊張性頭痛には効果的です。
緊張性頭痛の原因として考えられているのは、筋肉の過緊張なので筋肉を緩めればいいと思いますが、これでは効果が薄かったり、持続が難しいです。

そのため、当院では筋肉に負担がかかりにくい状態をつくるに念頭をおき、頭痛が起こりにくい状態を目指します。

例えば、骨(関節)にゆがみがあったらどうでしょうか?
筋肉は骨に付着しており、骨格がゆがめば縮む筋肉や引っ張られる筋肉が出てきてしまいます。
この状態をもとに戻さないでいると頭痛は繰り返されてしまいます。


片頭痛も骨格のゆがみでおこる場合がありますので、筋肉の緊張をとり、骨格をもとの状態に戻すことが重要です。
土台(足や骨盤)がゆがめば首もゆがみ、頭痛の原因になります。
そのため、当院では、首のみではなく全体的なゆがみをリセットさせながら頭痛の起こりにくいカラダづくりを目指し、みなさまが安心して生活が送れるようにしていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:蔵方 三喜(クラカタ ミツヨシ)
生年月日:11月23日生まれ 
星座:いて座 
血液型:AB型 
出身:東京都大田区
趣味:サッカー観戦、子供と遊ぶこと 

ご利用者様へ 
皆様の未来を見据えた「健康」と「美」を創り出すクリエイターになれるよう日々、研磨してまいりますのでよろしくお願いいたします。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:はなみずき鍼灸整骨院
住所〒145-0065 東京都大田区東雪谷3-28-3
最寄:東急池上線「石川台駅」徒歩7分 希望ヶ丘商店街沿い
駐車場:当院は駐車場はございませんので店頭向かいのコインパーキングをご利用ください。
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
9:00〜
16:00
15:00〜
20:00
定休日:日曜・祝日(営業の場合あり)

【公式】はなみずき鍼灸整骨院 公式SNSアカウント はなみずき鍼灸整骨院ではFacebook・Instagramを運用中!

【公式】はなみずき鍼灸整骨院 公式SNSアカウント はなみずき鍼灸整骨院ではFacebook・Instagramを運用中!

【公式】はなみずき鍼灸整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています!
  • 受付時間変更などのご案内をしています!
  • キャンペーン情報などをいち早くお知らせしています!