四十肩・五十肩でお悩みの方へ

  四十肩・五十肩でよくあるお悩み

  • 年齢とともに
    肩が痛む
    ようになってきた

  • 腕が
    上がらない

  • 肩が痛くて
    眠れない

  • 肩を動かすと
    痛む

突然起こる肩の痛みは四十肩・五十肩かもしれません

ある日突然、肩の痛みや動かしにくさを覚えたら、それは四十肩・五十肩かもしれません。

四十肩・五十肩は、その名前の通り40代~50代に多く発症し、
肩こりとは異なり鋭い痛みや腕や肩の動かしにくさを感じるのが特徴です。

あまりの痛さに夜も眠れなくなったり、日常生活の動作に不便が生じたりするなど
つらい症状に悩まされることも少なくありません。


年齢だから仕方ないと我慢している方も多いですが、
適切な対処を行い症状の緩和を目指しましょう。

四十肩・五十肩
改善メニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩と肩こりは別物です

四十肩・五十肩は、正式名称は肩関節周囲炎といい、名前の通り肩関節の周りの筋肉や靭帯が炎症を起こしている状態を指します。
※四十肩と五十肩は異なった名前がついていますが、発症年齢が異なる以外は同じ症状です。

年齢だから仕方ないと諦めている方も、原因が分かれば改善の兆しが見えてくるはずです。

 

 

 

 

【四十肩・五十肩が起こる原因】

 

四十肩・五十肩は、加齢によって起こるという印象が強いかもしれません。
なぜ起こるかは明確になってはいませんが次のことが関係しているといわれています。

 

●筋肉や靭帯の老化

加齢によって、筋肉や靭帯も老化し柔軟性が失われていきます。
そうすると、肩周りを動かす際にスムーズに動かせなくなり、炎症を起こすことで痛みを伴います。

 

●血流の悪化

年を重ねると血液循環は悪くなり、血流が悪くなれば筋肉や関節は柔軟性をなくしていきます。
老廃物も流れにくくなり、疲労も蓄積されることから四十肩・五十肩を引き起こすと考えられます。

 

●姿勢の悪さ

老化だけではなく、姿勢の悪さも四十肩・五十肩に関係しています。
姿勢が悪いと余分な負荷が肩にかかるため、筋肉は緊張して伸縮してしまいます。

緊張状態が続けば血行も悪くなり四十肩・五十肩を助長されてしまいます。
肩が内側に入る巻き肩など肩に負荷のかかる姿勢が身に付いている方は注意が必要です。

 

【四十肩・五十肩の症状】

 

四十肩・五十肩の症状は、肩の痛みや動かしにくさが特徴です。
肩こりと勘違いされることも多いですが、肩こりは筋肉疲労によって起こります。

肩こりと四十肩・五十肩の大きな違いは、肩や腕が動かせるかどうかという点です。

・肩がこわばっている
・肩を動かすと痛い
・腕を自由に動かせない

これらの症状があれば、四十肩・五十肩が疑われます。
悪化すると日常動作を行うたびに痛みを生じ、痛みで眠りから覚めるようなこともあります。

四十肩・五十肩を悪化させないための対処法

四十肩・五十肩は、一般的には時間の経過とともに少しずつ症状が緩和されていきます。
しかし、痛みを我慢していると回復期間が長くなってしまうだけではなく
肩関節が固まってしまうこともあります。

早めに適切な対処を行い、早期回復を目指しましょう。

 

【日常でできる四十肩・五十肩の対処法】

 

四十肩・五十肩は、発生時期により「急性期」「慢性期」「回復期」の3つの時期に分かれています。
時期に合わせた正しい対処で症状を緩和させましょう。

 

●急性期

炎症が始まった時期で、痛みが強く感じられます。
夜になると特に痛みが強くなる傾向があるので、痛みの強い時には無理に動かさずに安静にしましょう。
痛む部分を冷やすことで炎症が抑制され痛みの抑制が期待できます。

●慢性期

痛みが慢性化してきており、血流が悪くなっている時期なので温めることで血流を改善します。
そうすると、痛みの緩和だけではなく筋肉や靭帯の柔軟性が高まります。

●回復期

少しずつ肩が動かせるようになり、痛みも落ち着いてくる時期です。
この時期から積極的にリハビリを行うことで回復が早まります。

 

【四十肩・五十肩の予防法】

 

四十肩・五十肩が起こる原因は明確になっていませんが、加齢や運動不足、姿勢の悪さが関係しているといわれています。

日頃の積み重ねが大切ですので、日常的に予防できるように取り組みましょう。

 

●ストレッチや運動をする

年齢とともに筋肉や靭帯が老化するだけではなく、運動量も減っていきます。
そうすると筋肉や靭帯も柔軟性が失われていくので、四十肩・五十肩を助長させることになります。
ストレッチや運動を日常的に行うように心がけましょう。
血行が促進され筋肉や靭帯の柔軟性が高まります。

 

●姿勢を改善する

姿勢が悪いと肩に負担がかかるため、四十肩・五十肩を助長させます。
座っている姿勢や立っている姿勢だけではなく、足を組むなど体のゆがみを起こすような習慣にも注意しましょう。

はなみずき鍼灸整骨院【四十肩・五十肩】に対するアプローチ方法

四十肩、五十肩は、「炎症期・拘縮期・回復期」というステージがあります。
そのステージにより適切な施術方法は異なります。

 

炎症期は痛みが強くでたりして苦痛を感じます。
この時期は安静が大事で肩にストレスが少ないポジションで安静にしていただけるようテーピングなどを使用します。

 

炎症期が過ぎ、拘縮期に入ると肩が上がりにくくなります。
ひどい場合、肩が45度上がらない方もいらっしゃいます。
この時期は、関節が固まってしまう時期で放っておくとかなりの期間、動かないままになってしまいます。
この拘縮はどこが固まっているのかの評価が大事で固まってしまっている筋肉などを手技や物理療法、鍼灸療法で緩め、可動域を出すようにモビライゼーションとよばれる手技で動きをちょっとずつ出していきます。
この方法により回復期間を短縮させ、もともとの肩関節の動きを取り戻すようにしていきます。

 

回復期は良くなっていく時期です。
引きつづき肩の動きをしっかりつけていきます。

肩の動きがある程度ついてきたら背骨の矯正も加えていき、肩のみでなく全身の運動連鎖をよくすることでスムーズに肩が動きだします。

放っておくと自然に治るまで、2~3年かかるものを早期に回復できるよう当院は努めておりますのでご相談くださいませ。

著者 Writer

著者画像
院長:蔵方 三喜(クラカタ ミツヨシ)
生年月日:11月23日生まれ 
星座:いて座 
血液型:AB型 
出身:東京都大田区
趣味:サッカー観戦、子供と遊ぶこと 

ご利用者様へ 
皆様の未来を見据えた「健康」と「美」を創り出すクリエイターになれるよう日々、研磨してまいりますのでよろしくお願いいたします。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:はなみずき鍼灸整骨院
住所〒145-0065 東京都大田区東雪谷3-28-3
最寄:東急池上線「石川台駅」徒歩7分 希望ヶ丘商店街沿い
駐車場:当院は駐車場はございませんので店頭向かいのコインパーキングをご利用ください。
                                 
受付時間
9:00〜
13:00
9:00〜
16:00
15:00〜
20:00
定休日:日曜・祝日(営業の場合あり)

【公式】はなみずき鍼灸整骨院 公式SNSアカウント はなみずき鍼灸整骨院ではFacebook・Instagramを運用中!

【公式】はなみずき鍼灸整骨院 公式SNSアカウント はなみずき鍼灸整骨院ではFacebook・Instagramを運用中!

【公式】はなみずき鍼灸整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています!
  • 受付時間変更などのご案内をしています!
  • キャンペーン情報などをいち早くお知らせしています!