大田区で冷え症、婦人科系疾患治療なら「はなみずき鍼灸整骨院」

WEB予約

産後骨盤矯正

 

出産時には赤ちゃんが産道を通過する為に、「リラキシン」と呼ばれるホルモンが靭帯を緩ませ、恥骨結合と呼ばれる部分が開き、赤ちゃんが安全に産道を通過できるのです。その時に骨盤の変形が起きます。それは「骨盤が開く」、正確には「恥骨結合が緩んで坐骨が開く」のです。
これは全く左右対象に開くわけではないので、出産後に左右の骨盤の一部である坐骨の位置関係は出産前と同等ではなくなる可能性があります。これが「骨盤の歪み」と表現されるものです。

 

恥骨結合はおおよそ9mm〜10mmくらいの開きをおこすと言われています。
「たった9mm、10mm!」、「そんなんで歪むの!?」
と思われるかもしれませんが、ほんの少しの位置異常を起こすだけでも何かしらの症状をおこす可能性が
あるのです。また症状に出ていなくとも後々、骨盤の位置異常は症状を引き起こすことがあります。

 

なので産後のみではありませんが、骨盤の位置異常を定期的に正すことは大事な事なのです。

 

産後骨盤悩み


通常の骨盤矯正と産後の骨盤矯正って何が違うの?

産後骨盤悩み

骨盤矯正

 

施術などで行うことが多い、骨盤を矯正して痛みや姿勢を正すのを骨盤矯正とされています。
これは主に仙腸関節の位置異常(歪み)をもとに戻すことで症状を改善していく矯正法です。
骨盤は生活習慣で歪むので定期的にメンテナンスが必要です。

 

産後骨盤矯正

 

出産時にホルモンの影響により離開をおこし、産後にもとの位置にもどらなかった恥骨結合を正確な位置にもどし、骨盤底筋群を利用し恥骨結合を閉じるのが産後骨盤矯正です。
この恥骨結合離開は一度安定すると、次のお産、老化、肥満にならなければ緩むことはないといわれております。

 

 

当院の産後骨盤矯正では産前や、出産育児による骨盤の歪みを矯正するのは、産後のホルモンの影響で靭帯が緩んでいる半年以内の時期は骨盤を矯正しやすく当院では通常の骨盤矯正に加えて、産後の矯正をおこなっております。


産後骨盤矯正 Q&A

Q.産後骨盤矯正はいつからできますか?

 

A.産後2か月から可能です。子宮が収縮してからが効果的な時期になります。
帝王切開をされている方も2か月から傷口が痛くなければ可能です。

 

Q.産後ウェストが太くなりましたが小さくすることはできますか?

 

A.恥骨結合が理解し、坐骨の位置異常で骨盤で大きくなったものに関してはもとに戻ります。
その為、骨盤周りがすっきりされ、ウエストが小さくなる方が多いです。

 

Q.産後骨盤矯正で痩せますか?

 

A.必ずしもではありませんが体重が落ちてる方が多くいらっしゃいます。
通院されてる期間に痩せたり、恥骨が安定してから痩せる方とそれぞれではあります。

 

Q..産後に腰痛は治りますか?

 

A..産後の骨盤矯正で腰痛は改善することは多いですが、腰痛の原因が産後の骨盤とは限りません。
その為、全身のバランスをチェックして腰痛の原因がどこにあるのかをまずは調べます。
また、育児中はどうしても腰痛なりやすいので定期的にメンテナンスをお勧めしています。

 

Q.産後6か月以上経過してしまいましたがまだ矯正はできますか?

 

A.大丈夫です。期間は関係なく矯正はできます。

Q.産後骨盤矯正で尿漏れは治りますか?

 

A.産後の骨盤矯正だけでは改善せず、骨盤を正しい位置に戻したうえで骨盤底筋群と呼ばれている筋肉の機能を高めてあげると改善されていきます。

 

Q.次の子供を予定しているのですが、産後骨盤矯正はしたほうが良いですか?

 

産後のトラブルがある方はお勧めいたします。
特に症状が出ていなく困っていなければ、また出産時に恥骨が開くのでその後でもよいと思います。

 

Q.産後骨盤矯正は何回通えば良いですか?

 

A. 個人差がありますが、週に1回のペースで、5〜10回位を目安にしてください。

 

                      ※効果・効能には個人差が有ります。

料金

骨盤矯正

 

ご予約・お問い合わせ

診療時間
東京都大田区東雪谷3-28-3 TEL 03(6425)6833

googlemapから調べる

 

トップページ

 

 

 

 

 

WEB予約
page top