はなみずき鍼灸整骨院 東京都大田区石川台・御嶽山・雪が谷大塚の鍼灸整骨院

WEB予約

四十肩・五十肩とは

肩の痛み

肩が挙がらない、力を入れると肩が痛む、挙げると痛む。
よく四十肩、五十肩なんて言葉を聞きますが、医学的には肩関節周囲炎とよばれ、文字通り肩に炎症をおこしている状態であります。
痛み、炎症は肩周囲の筋肉や関節包などが炎症をおこします。
四十肩、五十肩の多くは腱板と言われる、肩甲骨から上腕骨につく筋肉が擦れたりして炎症をおこすのだが、関節包と呼ばれる上腕骨の頭の部分を包む筋肉のような軟部組織に炎症が波及してしまうことがあります。
この関節包が時間とともに硬くなり動きが悪くなってしまうのです。


四十肩・五十肩の状態

五十肩

四十肩・五十肩は状態により、急性期・慢性期・回復期に分類することができます。
急性期は安静時や夜間就寝時でも痛みが強く、夜も眠れない方もいらっしゃいます。
この時期は肩関節周りの軟部組織と言われる筋肉様の組織が炎症をおこしていたり、関節の内圧が高まり痛みを発生させてると考えられています。
炎症がおきているので基本は安静に保つのが大切であります。

 

この時期においての対応は無理なことはさせず、鍼灸による疼痛コントロールや軽い関節面を動かすモビライゼーションと呼ばれる方法をとります。

 

 

急性期の炎症が落ち着くと今度は「慢性期」または「拘縮期」とよばれる時期に入ります。
この時期は関節が固まり、肩の挙上動作や外旋と言われる動作(外に腕を開く)、手を後ろに回す動作などが困難になります。
この時期が放置しておくと長引き、治るまでに長い人では2年3年かかる方もいらっしゃいます。

 

リハビリをしっかりやることによりこの時期を早く乗り越えることができるのでしっかりとリハビリを行うことをお勧めいたします。

 

慢性期の可動域制限が良くなってくると今度は「回復期」に入ります。
この時期は肩関節の拘縮がよくなり、だいぶ楽になってきている時期ですが、まだ組織の状態は完全とは言えず、肩関節の正常な動きをまだしていませんので
最終的な調整の時期であります。ここでは積極的な徒手療法や運動療法をおこない、正常な関節の運動軌道を取り戻すことを行います。
痛み・可動域制限がなく、関節の運動軌道が正常に戻れば治癒となります。

 

「急性期」
@肩に痛みを感じる
A腕に違和感を感じる
B痛みが強くなる
C安静時痛・夜間痛がおこる

 

「慢性期」
@夜間痛・安静時痛が軽減
A疼痛が弱くなる
B動作時痛・可動域制限がおこる
C関節が固まる

 

「回復期」
@動作時痛も軽減する
A可動域もよくなってくる
B日常生活に支障がなくなる


当院の施術

四十肩・五十肩は時期に合わせた施術が必要になります。
急性期は肩に炎症を起こしているため、軽めの施術と肩の負担のかからない位置での固定で痛みを軽減させます。
炎症が落ち着いたら関節が固まり一定の範囲しか動かない、動かすと痛いなどの症状が現れるのでこの時期の施術は手技による疼痛コントロールを行い生活に支障をきたさないレベルまで上げていきます。
温熱療法鍼灸療法を加えることで効果をあげることもできるのでお勧めです。

 

最後には可動域制限が残ります。これも関節を動かす手技などで正常に戻るまでに回復させていきます。

 

また四十肩、五十肩になる方は姿勢が悪く、背骨の動きが悪くなっている方が多くみられます。
この場合は姿勢矯正背骨矯正骨盤矯正を加えながら肩にもアプローチしていきます。

 

五十肩は日常生活に大きく影響を及ぼします。
・服を着づらい ・洗濯物をしづらい ・重いものを持ちづらい などなど細かなことで悩まれる方が多いのです。
五十肩は慢性期が長くなり大変ですが、適切な徒手療法、物理療法、運動療法、鍼灸などをおこなうことで
回復までの時期を早めることができます。

診療時間
東京都大田区東雪谷3-28-3 TEL 03(6425)6833

googlemapから調べる

 

トップページ

WEB予約
page top