腰痛・膝痛・肩こり・五十肩・坐骨神経痛が得意な はなみずき鍼灸整骨院 東京都大田区石川台・御嶽山・雪が谷大塚の整骨院

自賠責保険と労災保険どちらを使えばいいの?

業務中・通勤中に交通事故により被害にあわれた場合、「自賠責保険」と会社で加入している「労働災害保険(労災保険)」も使用可能です。
ではどちらを利用すればよいのでしょうか。
結論から言うと、どちらでも利用可能です。
ただし、どちらを利用するのかは場合により使い分けるのよいでしょう。
ちなみに自賠責保険と労災保険の併用はできません

 

それではどんな時に使い分ければよいのでしょうか。
基本的に事故の被害にあった場合、自賠責保険を使うのが一般的でありますが、
労災保険を使った方がよいケースは以下の通りです。

 

労災保険を使った方が良い場合
@被害者(あなた)の過失割合が大きい
A加害者(相手)が任意保険に入っていない
Bひき逃げなどで相手の保険を使えない

 

@の過失割合については自賠責保険では被害者(あなた)の過失が7割以上ある場合は損害額が20%〜減額されてしまいます。
労災保険は過失割合に関係なく、支給金額に影響はありません。

 

A自賠責保険の補償額は120万円の上限があります。120万を超える場合は相手側の任意保険を使うことで保障されるため、相手側が任意保険に加入していない場合は120万円の補償のみになり、長期間の治療が必要そう出れば限度額がない労災保険を使用することをお勧めいたします。

 

Bひき逃げなどで相手と連絡がつかない場合などは労災保険でまかなうことができます。

自賠責保険とは

自賠責保険とは俗によばれる「強制保険」であり、バイクも含めて全ての運転者に加入が義務付けられている損害保険です。
自賠責保険は交通事故被害者の救済の為に設けられたもので、国土交通省が管轄となっております。

関連ページ

過失割合について
大田区東雪谷にある「はなみずき鍼灸整骨院」です。通常の痛みの治療は勿論、骨盤矯正などの骨格矯正、鍼灸での痛みの緩和,原因不明の痛みなどにも対応しています。
労災保険
大田区東雪谷にある「はなみずき鍼灸整骨院」です。通常の痛みの治療は勿論、骨盤矯正などの骨格矯正、鍼灸での痛みの緩和,原因不明の痛みなどにも対応しています。

料金 交通事故 スタッフ紹介 アクセス 問い合わせ