腰痛・膝痛・肩こり・五十肩・坐骨神経痛が得意な はなみずき鍼灸整骨院 東京都大田区石川台・御嶽山・雪が谷大塚の整骨院

交通事故のケガ

交通事故によるケガは単純なものではありません。
事故による外力は想像以上に大きく、症状が少なくても関節の捻じれを作り出してしまうことが多いのです。
関節の捻じれを放っておくといつまでも違和感や痛みが残ってしまいますので早期からの治療が必要です。

交通事故にあわれたら

交通事故

交通事故に巻き込まれてしまった場合、突然の事でどのような判断をすればよいかわからなくなってしまう方も多いですので、

冷静に対処できるようにし、整骨院のかかり方もご紹介します!

 

@事故にあったらまずは警察に!

加害者からの報告は義務ですが、被害者が届け出ることも必要です。(ケガを負った場合は「人身扱い」の届出が重要。)

また、仮渡金の請求などで必要となるので、交通事故証明書の交付を受けましょう。

 

Aお互いの情報を交換しましょう。

被害者は、以下の内容を確認しておきましょう。

加害者の住所、氏名、連絡先

加害者が加入している自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号など

加害車両の登録ナンバー

 

加害者も被害者の氏名、連絡先を確認しておきましょう。

 

B事故の写真を撮ろう。

衝突部位の写真を残しておきましょう。現場の見取図や事故の経過を記録を残しておくことも重要です。

のちのちトラブルにならないように大切な証拠になります。

 

 

被害者で負傷をされた方は整骨院、整形外科を受診しましょう。

 

 

整骨院にかかりたい方は保険会社に連絡して「○○整骨院に行きます」と告げてください。

一度整形外科を受診し、診断を仰ぐように保険会社から言われることがあります。

 

 

当院では交通事故によりおこる骨格のズレを診断、治療を行い後遺症が残らないよう治療を進めていきます。

交通事故は衝突を受けた際の被害者の体勢や加害者の車の衝突方向により外力の方向が変わる為、

骨格のズレも様々です。これをしっかり改善しないとよく聞く後遺症となってしまいます!


交通事故記事一覧

過失割合について

交通事故に遭遇すると、どうしても気になるのが過失割合ですね。よく0:10とか4:6だとか言われますが、では実際これは誰がどのように決めているのでしょうか。まず過失割合を決めるのは保険会社です。お互いに過失がある場合は両者の保険会社による話し合いにより決められます。そして割合の数字は過去の判例などから...

≫続きを読む

労災保険

労災保険は従業員が一人以上いる場合に会社で加入しなければいけない保険です。仕事中の事故は勿論、通勤中の事故も労災保険の適応になります。一般的に事故にあうと自賠責保険の使用を勧められますが、労災保険を使うこともできます。これは被害者が自由に選択することができるのです。

≫続きを読む

自賠責保険と労災保険どちらを使えばいいの?

業務中・通勤中に交通事故により被害にあわれた場合、「自賠責保険」と会社で加入している「労働災害保険(労災保険)」も使用可能です。ではどちらを利用すればよいのでしょうか。結論から言うと、どちらでも利用可能です。ただし、どちらを利用するのかは場合により使い分けるのよいでしょう。ちなみに自賠責保険と労災保...

≫続きを読む


料金 交通事故 スタッフ紹介 アクセス 問い合わせ